婚活・結婚・再婚

ウエディングプランナーは結婚できない?独女の婚期が遅れない出会い方【2022】

ウエディングプランナーは結婚できない

ひでまろ
モテるイメージがあるウエディングプランナーだが実際はどうなのか検証してみよう。

 

ウエディングプランナーは結婚できない?

 

ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は自分の婚期が遅れがちで独女が多いのをご存じだろうか。「ウエディングプランナーは結婚できない」という妙なジンクスまであるらしい。

 

「ウエディングプランナー」は別名で、ブライダルコーディネーターやウェディングプロデューサーとも呼ばれている。

 

一昔前は、ウエディングプランナーという職種が確立されていなかったので、結婚するカップルは自分達で結婚式を企画から会場などの準備まですべて整えていたので一苦労だった。

 

しかし現在は結婚式までをトータルでプランニングしてくれるウエディングプランナー業が職種として確立されていて、結婚式の準備は当事者には随分と楽になった。

 

今回は現役のウエディングプランナー、これからウエディングプランナーを目指す方が婚期を逃さずに結婚できる道を探ってみる。

 

婚活オススメ記事!5人に1人が「マッチングアプリ」で結婚!出会いのきっかけで首位に【2022】>>

 

ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)という職業

ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)という職業

ひでまろ
ウエディングプランナーは人の幸せに貢献できる仕事だが、それゆえに責任も重いのでストレス過多になる。

 

人の幸せに貢献できる職業

 

これからウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)になりたい女子はウエディングプランナーという職業の内容を知っておいたほうがいいだろう。

 

ウエディングプランナーは結婚できないという噂には仕事内容自体が関係しているかも知れない。

 

ウエディングプランナーの仕事内容と一日の仕事の流れを詳細に見てみよう。

 

ウエディングプランナーの気になる収入もあわせて紹介するので、参考にしてほしい。人の幸せに貢献できる職業がウエディングプランナーだ。

 

ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーの仕事内容

 

責任は重いがやりがいのある職業

 

ご存じの通りウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)という職業は、結婚式の挙式から披露宴の提案・手配から各種の金銭的な調整、結婚式当日のアテンドまで、結婚式をトータルで幅広くプロデュースする仕事だ。

 

結婚するカップルのニーズに合う結婚式になるように式を企画、提案し、式に必要なブーケや備品、人材の手配などトータルで結婚式をサポートする。

 

ウェディングプランナーの具体的な仕事内容は、顧客の希望(式の予算・日程・式の内容へのリクエスト)などをヒアリングし、最適なプランを組み立て提案することだ。

 

結婚式当日の司会者や撮影カメラマン、神父、照明、音響スタッフ等の人材の用意、ウェディングケーキなどの手配と管理も行う。

 

仕事の内容は多岐にわたり、失敗が許されないシビアな内容となっている。責任は重いがやりがいのある職業だ。

 

ウエディングプランナーの平均年収・給料

ウエディングプランナーの平均年収・給料

ひでまろ
ウェディングプランナーの仕事の平均年収は正社員の場合で約360万円だ。月の給料で換算すると30万円になる。

 

正社員で360万円

 

ウェディングプランナーの初任給は月23万円程度が相場で、非正規の派遣やアルバイト・パートでは平均時給が派遣で1,401円、アルバイト・パートで1,000円となっている。

 

仕事の内容と給与を比較すると、ウェディングプランナーは割のよい仕事とは言えない。

 

ウェディングプランナーの1日のスケジュール

ひでまろ
実際のウェディングプランナーの1日のスケジュールを見てみよう。

 

【担当の結婚式がある週末】

・8:00/出勤
このゲストハウスでは、結婚式の開始時間が10:00~、11:30~、14:15~、17:45~の4枠あります。今日の担当は11:30~。新郎新婦が挙式の2時間半前に会場入りするので、プランナーはその1時間前までに出勤します。

・9:00/新郎新婦お出迎え
いよいよ本番当日。緊張とワクワク感でいっぱいの新郎新婦を笑顔で迎え入れます。結婚式当日は、「介添え」として新郎新婦を一番近くでサポートするほか、プランニング通りに進めていけるよう全体に気を配り、各スタッフを動かす「司令塔」の役割も果たしていきます。

・10:30/ゲストの受付開始
新郎新婦から受付をお願いされたゲストが到着しました。受付場所にご案内し、「芳名帳への記帳、ご祝儀の受け取り、ゲストに席次表を渡す」という受付の流れをご案内します。

・11:30/挙式スタート
今日の挙式は、列席者に結婚の証人となってもらう「人前式」。アットホームな挙式を希望するふたりに、ゲスト参加型の演出を提案してオリジナル度の高い挙式を叶えました。挙式の間は、新婦が持つブーケを途中預かったり、ドレスの裾を直したり、忙しく、そうでありながらも、目立たないように動きます。

・12:30/披露宴スタート
入場から披露宴のお開きまで、ずっと新郎新婦の側にいます。次の動きの案内をしたり、新郎新婦が起立する際には椅子をひいたり、ドレスの裾を直したり、徹底してサポートします。お色直しでふたりが退席すれば、プランナーも控室へ。ドリンクを用意するなど、新郎新婦がリラックスできるよう気を配ります。
15:00、タイムスケジュール通り、感動のうちに披露宴は終了しました。

・16:00/新郎新婦お見送り、片付け、休憩
新郎新婦と招待客全員をお見送りしたらウエディングプランナーとしての役割は完了です。結婚式が無事に終わり、新郎新婦から
「ありがとう!」
「あなたにお願いしてよかった!」
と感謝の言葉をもらえた時には、それまでの疲れも一気に吹き飛んでしまいます。家族や親族から、「いい結婚式だった。ありがとう」と感謝されることもうれしいことです。新郎新婦の控室をさっと掃除して、その後しばしの休憩です。

・17:00/打合せ業務
結婚式が終わりホッと一息ついた後に、もうひとつの大仕事があります。4カ月後に結婚式をおこなう新郎新婦との初回の打合せです。この打合せで最も重要なのが、新郎新婦のことをよく知ること。ふたりの馴れ初めや趣味、大切にしていること、結婚式で重視することなど、プランニングに必要となることを雑談も交えながらじっくりヒアリングします。

・20:00/事務処理
打合せ内容を記録します。1組ごとにシステムで管理するほか、お金にまつわることは書面でも残します。お客さまごとに用意されたファイルを見ればどこまで打合せが進んでいるか、決まったことがすぐわかるようにしています。

・21:00/退社
結婚式はミスが許されず、常に緊張感が伴います。疲れはありますが、それ以上に満足感、達成感に満たされながら帰路につきました。

 

スタディサプリさん「ウェディングプランナーの1日のスケジュール」より引用

 

担当の結婚式がある週末は責任の重い仕事が一日中続く。ウェディングプランナーは気が抜けない仕事だ。

 

現役ウエディングプランナーの1日に密着!平日のルーティンワーク、仕事内容、裏側を一挙公開!

 

第2弾!現役ウエディングプランナーの1日に密着!平日のルーティンワークはもちろん、お打ち合わせまで一挙公開!

 

ウエディングプランナーとして担当、ゲストとして列席!現役ウエディングプランナーの結婚式当日お仕事密着!

 

ウエディングプランナーは結婚できないと噂される理由

ウエディングプランナーは結婚できないと噂される理由

ひでまろ
ウエディングプランナーが結婚できないのは本当なのか。まずは実態から噂がどの程度本当なのか見ていこう

 

男性がいない職場と土日休みなし

 

噂の「ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は結婚できない」と言われる理由を考察してみよう。

 

その理由はいくつか考えられるが、ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)の就業形態が要因になっている場合が多い。

 

勤務時間や休日が不規則

 

ウェディングプランナーの勤務時間や休日は非常に不規則だ。結婚式は土日や祝日で行われることが多いので、普通の職業のように休日にデートすることは難しい。

 

土日・祝日にデートできないのでは、普通の職業に就く男性との恋愛は難しく、付き合いが長続きしないかも知れない。

 

平日にも挙式や打ち合わせがあるため決まった曜日に休むことはできない。顧客との打ち合わせなども顧客の都合に合わせるのでプライベートの予定を立てることさえ難しいだろう。

 

「ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は結婚できない」と言われる理由の一番の理由は、このあたりにある。

 

職場や業界に男性が少ない

職場や業界に男性が少ない

 

職場恋愛はない!

 

ブライダル業界の男女比は9割程度が女性スタッフだ。ゆえに女性のウェディングプランナーは男性との出会いが職場では期待できない。

 

残り一割の男性も既婚者の場合もあるし、もはや職場での出会いは絶望だろう。

 

ウェディングプランナーの女性は男性との出会いは外に目を向けたほうがいい。

 

自ら動いて積極的に男性との出会いを求めないと、ウェディングプランナーの女性は結婚どころか彼氏さえできないだろう。

 

ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)の恋愛・結婚相手に向いている男性の職業

ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)の恋愛・結婚相手に向いている男性の職業

ひでまろ
男性も女性も共通項の多い相手には好意を持ちやすい。自分と似た相手とは恋愛しやすいとも言える。

 

共通点の多い相手に好感を持つ!

 

心理学のマッチング仮説をご存じだろうか?

 

マッチング仮説

人間は相手の年齢や社会的な立場、地位、価値観や趣味が自分と似ている相手に好感を持ちやすく恋愛の対象として選ぶ傾向がある。

 

マッチング仮説に基づいて多忙なウェディングプランナーの女性と相性の良い男性の職業を考えてみるとある職業に行き当たる。

 

ウェディングプランナーと同じような職場環境の「不規則なシフト」「土日休みが少ない」「多忙」で探せば簡単に見つかる。

 

ウェディングプランナーの女性と相性の良い男性の職業とは「ホテルマン」だ。ホテルマンとウェディングプランナーは非常に共通点が多い。

 

その証拠にウェディング&ホテル専門学校がある。

 

こちらの記事を読んでもらえれば、ホテルマンとウェディングプランナーのいかに相性がいいか分かってもらえるだろう。

 

平日休みの男性・特殊な勤務形態の職に就く男性

ホテルマンとウェディングプランナーの女性は共通点が多く、相性がいいのは分かったが、あまりに環境が似すぎていて嫌な女性もいるだろう。

 

ホテルマン以外でウェディングプランナーの女性と相性の良い職業を考察してみよう。条件は「不規則なシフト」「土日休みがない」「多忙」だ。

 

ホテルマンが唯一残念な相手であるのは、収入の低さだ。ホテルマンの平均年収は320万円程度となっている。民間企業なのでリストラの危険もある。

 

そこで、高収入か安定した職業でウェディングプランナーの女性と相性に良い職業の男性を探してみよう。

 

高収入で相性の良い男性の筆頭は医者だろう。医者も不規則な休みと多忙な職種であることはウェディングプランナーと似ている。

 

安定してリストラがない職種だと消防士、自衛隊だろう。消防士、自衛隊も不規則な休みと多忙な職種であることはウェディングプランナーと似ているので相性はいい。

 

自衛隊や消防士も職場環境ゆえに彼女ができなくて悩んでいる。

 

ブライダルコーディネーターが婚期を遅れさせず結婚する出会い方

ブライダルコーディネーターが婚期を遅れさせず結婚する出会い方

ひでまろ
誰かと結ばれたければ、あなたという存在をより多くの異性に認識してもらわなければならない。

 

婚活を数の力で有利にする

 

ウエディングプランナーの女性が婚活する場合、「不規則なシフト」「土日休みがない」「多忙」などの悪条件をカバーする必要がある。

 

そのためには出会いの接点数を増やすことが大事だ。なぜなら悪条件があっても受け入れてくれる男性は多くはないからだ。

 

お見合いや、合コンなどで相手を探そうとしても悪条件があっても受け入れてくれる男性は分母がす少なすぎて見つからないのだ。

 

相手の男性も彼女が欲しい欲求が強いならなおさら良い。そんな男性が数多く集まっている場所が、結婚相談所やマッチングサイトだ。

 

俺は結婚相談所とマッチングサイト両方の経験者なので、リアルな実態を紹介しよう。

 

結婚相談所で婚活

結婚相談所で婚活

ひでまろ
俺は約一年間に渡り大手結婚相談所で婚活に励んだ。残念ながら結果は惨憺たるものだった。

 

早まってはいけない!

 

みんなが、婚活でまずイメージするのは結婚相談所だろう。結婚相談所は婚活で一大勢力だ。

 

結婚相談所の一番の特徴はアドバイザーがつくことだ。結婚相談所をよく知らない人はアドバイザーがつくと言うと、何から何まで代わりにやってくれると思いがちだがまったく違う。

 

結婚相談所のアドバイザーは一人で100人以上の会員を受け持っているので、とても一人一人に密着したサービスはできるはずもない。

 

下手なアドバイスをもらうくらいなら、むしろいない方がいいのだ。俺はアドバイスをもらってうまくいったことは一度もなかった。

 

当然、相手が見つからなくても入会金、月会費の返金などはない。俺は一年間で60万円以上を無駄にした。以下に大手結婚相談所の費用を列記する。

 

結婚相談所料金表

 

会員数を非公開にしている結婚相談所もありなぜなのか疑問だ。よほど会員数に自信がないのだろうか。以上の理由で結婚相談所での婚活はおすすめしない。

 

マッチングサイト・アプリという意外な婚活の穴場

PCMAX

ひでまろ
今、スマホの普及で、マッチングサイト・アプリを婚活で利用する男女が増えています。

 

高額な結婚相談所の入会金や月会費を払えない非正規で働く女性や、年齢で足きりされた中年男性たちです。

 

マッチングサイト・アプリで知り合って結婚したカップルが続々誕生しています。

 

マッチングサイト・アプリなら、女性は完全無料で婚活費用はゼロで済みます。
男性も格安の前払いポイント制で経済的です。

 

相手に対する条件がゆるくて、恋愛、結婚熱が高い男女が集まっているのが、出会い系・マッチングサイト・アプリです。

 

ぜひ、マッチングサイト・アプリを婚活の場の候補に入れてみてください。

\\女性完全無料!男性も登録無料、利用はポイント制//

5人に1人が「マッチングアプリ」で結婚!出会いのきっかけで首位に【2022】

※この記事を読むと地方での婚活が圧倒的に有利になります!

↑この記事のノウハウ

  • モテるプロフィールの書き方
  • 告白の正しいタイミング

 

ウエディングプランナーは結婚できない?独女の婚期が遅れない出会い方【2022】まとめ

ひでまろ
ウエディングプランナーは結婚できない?独女の婚期が遅れない出会い方【2022】をまとめておきます。

 

ポイント

  • ウエディングプランナーは実務能力が高い
  • コミュニケーション能力も高い
  • 年収は平均すると360万円程度
  • 平均時給が派遣で1,401円
  • 平均時給がアルバイト・パートで1,000円
  • 職場や業界に男性が少ない
  • ホテルマンと相性がいい
  • 医者との相性もいい
  • 自衛隊・消防士とも相性が良い
  • ウエディングプランナーと同じ条件の職業を狙う
  • 出会いの接点数を増やす
  • マッチングサイトの職業検索を使う
  • マッチングサイト男女比7:3でモテる
  • ウエディングプランナーはモテる

 

ウエディングプランナーさん!おめでとう!

 

あなたは、実にモテる要素だらけの女性だ。あなたに現在、彼氏がいないのは、あなたのせいではない。あなたが男性のネットワークから外れているからだ。

 

あなたは、男性のネットワークに入りさえすれば、コミュニケーション能力が高く、実務能力もあるウエディングプランナーは誰よりもモテる可能性がある。

 

ぜひ、多くの男性の輪に入って、同じ過酷な職業環境で働く男性たちと出会ってみてほしい。ウエディングプランナーがその男性たちから、モテるのを保証しよう。

 

婚活成功の秘訣は「まだいいかな、と思った時に婚活をスタートすること」だ。

 

早めのスタートに得はあっても損になることは一切ない。

 

希望する都道府県で婚活して結婚相手を見つけたい方は、地方自治体が主催する婚活サービスやイベントにピンポイントで参加しましょう。

 

\\格安で婚活できる!地方自治体の婚活支援サービス!【全国版】//

自治体の婚活支援まとめ
地方自治体が運営・主催する婚活支援サービス一覧【全国47都道府県】
地方自治体が運営・主催する婚活支援サービス一覧【全国47都道府県】まとめ

ひでまろ地方自治体が運営・主催する婚活支援サービス一覧を紹介します。   少子化対策の一環で地方自治体の婚活支援サービスが盛んになっています。自治体の婚活支援サービスは格安で登録利用ができま ...

続きを見る

-婚活・結婚・再婚

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.