お金持ちパパを見抜くなら腕時計を見れば分かる!機械式時計を見て!

お金持ちのパパってどうやって見分ければいいんですか?

こんなメールが届きました。奈良県のS子さん、パパ活で何人かのパパとデートをしたそうです。みんなお金持ちに見えるんだけど、本当かどうか確信が持てないそうです。

鬼子さん、教えて!

はいはい、お金持ちの見分け方ね、一番わかり易いのは外見から判断する方法だけど、男の人のスーツとかは触るわけにはいかないから難しいよね。

お財布だって、クロコで100万円のお財布とかあるけど、本物かどうか見分けにくいよね。

ルイヴィトンとかグッチとかプラダとかロエベとかコーチなんかって見て分かりやすいけど、せいぜい高くても20万円までだし、それくらいじゃあお金持ちとは言えないもんね。

ちょっと可能性のあるのはエルメスの財布を持ってる男性かしらね。エルメスなら200万円くらいするお財布もありますし。

一番間違いのないお金持ちの見分け方は、腕時計で見分ける方法です。どうして機械式時計で見分けるのがいいのかというと、コピー製品が作りにくいからです。

では、鬼子がパパ活で見てきたお金持ちパパが腕にはめていた腕時計ベスト5を紹介します。

腕時計で見分ける本当のお金持ちの見分け方

鬼子がパパ活で出会ったおじさまで本当のお金持ちのオジサマは機械式時計を着けている人が多かったです。機械式時計とは、電池が入っていなくても動く手巻き式時計のことです。

本当のお金持ちのオジサマはロレックスなんて着けません。(ダイバーズウォッチは別にして)沖縄の超大金持ちのおじさまはロレックスのサブマリーナでした。

ベスト1:BREGUET(ブレゲ)

BREGUET(ブレゲ)

鬼子がパパ活で会いに行った東京のおじさまがBREGUET(ブレゲ)をのトゥールビヨン着けてました。たしか1200万円で買ったって言ってた。機械式時計のコレクターで永久カレンダー時計とかが何本もワインディングマシーンというくるくる回る台座が付いた箱の中に収められていました。

全部で億だとか!時計の話をいっぱいされたけど、ぜんぜん理解できなかった^^;
でも時計の話をしている時の顔が子供みたいで可愛かったです。

今頃どうされてるかな?お元気ですか。

1775年にアブラアン‐ルイ・ブレゲがパリで創業した時計メーカーである。

ブレゲの死後は子のアントワーヌ=ルイ・ブレゲ、孫のルイ=クレマン・ブレゲが工房を継承した。だがルイ=クレマンは電気通信で成功をおさめ、電機事業に専念するため1870年に自分の工房で働いていたイギリスの時計師エドワード・ブラウンに工房を売却。その後ブラウン家が3代に渡って運営し、1970年にフランスの宝石細工商ショーメが商標を買い取り、ダニエル・ロートらにより本格的に復興した。後にフランス資本のPPRがショーメごと買収した。

PPR傘下時にショーメから独立し、1987年、サウジアラビア系投資会社インベストコープに売却された。インベストコープ時代にはレマニアとの関係が密接になり、社屋も隣接した。

インベストコープには長期保有の意図がなく、LVMHやリシュモン、スウォッチグループへ売却を持ちかけた結果、スウォッチが1999年にレマニアとブレゲを買収した。現在もスウォッチグループの一社である。

スウォッチ・グループ下で順調に業績を回復し、高級時計ブランドとして復活した。スウォッチ・グループ会長ニコラス・G・ハイエックがブレゲ社長も兼務(現在は息子のニック・ハイエック・ジュニアが後を継いでいる)し、現在もアブラアム=ルイ・ブレゲが手掛けた複雑時計の再現や、シリコン製の部品など新技術開発にも取り組んでいる。1993年からはブレゲの7代目の子孫エマニュエル・ブレゲ(Emmanuel Breguet 、1962年-)が参加し、ブレゲ歴史遺産研究員としてブレゲ家及び会社の資料の管理に当たるとともにパリ・ヴァンドーム広場にあるブレゲ博物館の館長を務めている。

広告で「Napoleon Bonaparte, from 1798, a client of Breguet’s」とナポレオン・ボナパルトが顧客であったことを謳っている。

Wikipediaより引用

ベスト2:PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)

同じくパパ活で会いに行った京都のパパが着けていた時計がPATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)でした。先斗町のお茶やさんに連れて行ってもらいました。舞妓さんよんでくれて可愛かった!都をどり も見せてもらいました。鬼子はPATEK PHILIPPE着けてるパパが好きです。上品でしょ。

このパパは今、鬼子の友達のパパです、紹介したらその子が気に入られちゃった。くやし~。

パテック・フィリップPatek Philippe)とは、スイスの高級時計メーカーである。1839年に2人のポーランド人アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックによって創業された。

ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられることが多い。日本においては、その中でもパテック・フィリップは頭一つ抜け出た存在という認識も一部ある。

過去にはカルティエ、ティファニー、ギュブラン(Guberin )、ゴンドーロ・ラブリオ等宝石店向けに製品を納入していた。

かつては多くの製品がジュネーヴシールの認証を受けていたが、現在は自社独自の認証マークである「パテック・フィリップ・シール」に切り替わった。

世界一高価な腕時計を販売するマニュファクチュールとしても知られている。

Wikipediaより引用

ベスト3:BREGUETVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)

BREGUETVACHERON CONSTANTIN

同じくパパ活で会った広島のパパが着けていました。ブレゲとパテを合わせたような素敵な雰囲気の時計です。広島のパパは他にもカルティエのパンテールとか持ってたけど、ダイヤが入り過ぎて何時か見えなくていつも鬼子に「いま何時やねん!」って聞いてた。ww

時間が見える時計にすればいいのに!

ヴァシュロン・コンスタンタンVacheron Constantin )は、スイスのジュネーヴを本拠地とする高級時計メーカー。バセロン・コンスタンチンとも表記されている。

パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされている。トゥールビヨンを始めとする複雑な機構を持つ機械式時計のほか、宝石を多用した宝飾時計で知られる。現在はスイスのリシュモングループの傘下となっている。

Wikipediaより引用

ベスト4:AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)

AUDEMARS PIGUET

同じくパパ活であった名古屋のおじさまが着けていた時計。ゴツい時計でした。
1000万円くらいだって言ってた。男の人ってなんで時計にそんなお金かけるの!

車買えるし!てか何でも買えるでしょ!1000万円もあれば。

オーデマ(オドマール)・ピゲAudemars Piguet発音例 、略称AP)は、スイスの高級時計・宝飾品メーカー。パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンとともに世界三大高級時計メーカーの一つに数えられている。本社はジュー渓谷のル・ブラッシュ(Le Brassus、ヴォー州)にある。

1875年、ジュール=ルイ・オドマールJules-Louis Audemars 、1851年-1918年)とエドワール=オーギュスト(オギュスト)・ピゲEdward-August Piguet 、1853年-1919年)によって高級時計ムーブメント製作会社として設立。その後自社ブランドの時計の製作を始め、トゥールビヨン、ムーンフェイズなど複雑な機構を備えた高級時計メーカーとして知られるようになった。代表的モデルとしてロイヤル・オークがあり、その他楕円形ケースのミレネリーなどが存在する。

パテック・フィリップ同様、創業以来製造したすべての時計の修理を保証しているほか、本社のあるジュウ渓谷にあった現存しない時計会社の懐中時計の修理も受け持っている。

Wikipediaより引用

ベスト5:FRANK MULLER(フランク ミュラー)

FRANK MULLER

大阪のパパ活で会ったパパがしていた時計です。フランク三浦じゃありませんよww
鬼子もフランク ミュラーなら欲しい!美しい時計ですね。

大阪のパパはまだ40代で若いけどある業界では有名なお金持ちです。フランク ミュラー10本くらい持ってるらしい、一本ちょうだい!

フランク・ミュラーFranck Muller )とは、

  1. “ブレゲの再来”と称されるスイスの時計師( 1958年7月11日(59歳))
  2. 1.が創業した腕時計メーカー

スイス、ヌーシャテル州ラ・ショー=ド=フォンでスイス人の父とイタリア人の母の間に生まれ、10代の頃から骨董品や古い機械式時計に魅せられた。

1975年、ジュネーブ時計学校(Ecole d’horlogerie de Genève )に入学、3年以内に履修する単位を1年で修得し、卒業前からその卓越した技術が注目された。当時は卒業時にロレックスが1本分のパーツを与えて自分で組み上げるというのが卒業検定のひとつとして存在したが、そのパーツにモジュールを追加し、永久カレンダーにした(他にも数多くの時計師がそのモジュールを製作しており、彼だけが非常に優れていたわけではない)。同じ部屋で共に学んでいたアントワーヌ・プレジウソとともに首席で卒業した。

卒業後は主にオーダーメイドでの時計製作で自己資金を貯め、製作場所はパン工房の2階を改築して行っていた。

独立時計師アカデミー会員となり、スヴェン・アンデルセンのもとでコレクターや博物館から依頼されたパテック・フィリップなどの数多くのマスターピースの修復作業を行う一方で独自の創作活動も続け、毎年のように複雑時計を発表している。スイスのジュネーヴ在住。

Wikipediaより引用

S子さん、こんなとこです。今度パパに会った時に見てみて!

パパ活のすすめ

パパ活とは、エッチな体の関係なしでお金を援助してもらうパトロン男性を探す活動のことです。俗に言う”愛人”との違いは、セックスをして肉体関係を持つか持たないかの違いです。

パパ活では援助してもらう男性との間に肉体関係は持たず、お食事やお酒などの付き合いをすることで、お小遣いを貰ったり、定期的なお手当を頂いて収入を得ます。

お金以外ではブランド物の服やバッグ、靴などを買ってもらったりするケースも多いです。

基本的には肉体関係のない愛人を探す活動がパパ活です。

パパ活について詳しく知りたい方は、パパ活完全マスター講座をごらんください。

以下で紹介しているサイトが鬼子が登録している出会い系PCMAXです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

出会い系PCMAXは最大手ですので、個人情報の流出などもなく、安全に利用できます。

一番早く会えるのは出会い系は間違いなくPCMAXですので、無料ポイント(1000円分)で遊んでみてください。退会、解約もいつでも簡単にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.